« OSAKA光のルネサンス < HOME > 本町橋近くのカフェ「mu」 »

OSAKA光のルネサンス その3?

OSAKA光のルネサンス絡みでもう一つのネタ。

遠くの方にあるビルのライトを思いのまま操作できたらどんなに面白いだろう。

という願いを叶えてくれるイベントがOSAKA光のルネサンス会場に現れた。

タッチザライト

関西電力が主催する「Touch the Light」(タッチ ザ ライト)がそれ。

大阪市役所前の公園から、約800m離れたところにある関電ビル。

地上195mの関電ビルの頂部にある照明「リブリット」を、公園に置かれた「ミニ リブリット」から操作するというもの。

リブリット右側の光が赤く変化しています。

オフィシャルサイトによると、

ミニ・リブリットの内部には、光源とセンサーが並んでいます。リブリット本体とは無線LANで結ばれ、風のデータがミニ・リブリット側へ、人々のデータがリブリット側へ、リアルタイムに転送されています。

触れると、遠い関電ビル頂部のリブリットに、手の動きが、カラフルな色彩で瞬時に映しだされます。
「Touch the Light」は、参加できるライトアップ。人々の驚きを映しだす灯りです。

今日はこれも試験点灯と言うことで調整中のようでしたが、ミニリブリットに手が触れると、遙か離れたビルの灯りが変化して面白そうでした。

ほのかなぼんやりとした灯りが、ほのぼのとしています。

淀屋橋からの夜景。とても綺麗です。

淀屋橋からの夜景

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.osakabookmark.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/96

この一覧は、次のエントリーを参照しています: OSAKA光のルネサンス その3?:

» OSAKA光のルネサンス メインパフォーマンス開始 from 勝手にルネサンス
ついに今日からOSAKA光のルネサンス2006のメインパフォーマンスが始まった。 例年は12月1日からの開幕と同時に、イルミネーションストリートの音... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

 

お薦め

   
              
Coyright(c) 2006 Osakabookmark.jp All Rights Reserved.