« 工事現場がアートに < HOME > 水都の夕焼け »

大丸心斎橋店

小さい頃から両親に心斎橋に行くと言われると、大丸とそごうのデパートをハシゴして見るのが楽しみだった。

そごうのことはまた後に書くとして、大丸のことをちょっと書いてみようと思う。

心斎橋.gif

この写真、1枚目左が新生そごう、右が大丸心斎橋店。

2枚目にひとつだけ写っているのが大丸。アールデコ調のデザインが夜景も引き立てている。

心斎橋大丸は、ホームページの情報によると

1717 〈享保2年〉
■下村彦右衛門正啓、京都伏見に呉服店「大文字屋」を開業。(大丸創業)


1726 〈享保11年〉
■大阪心斎橋筋に大阪店「松屋」を開き、現金正札販売をはじめる。
(現・心斎橋店現在地)


とあり、心斎橋大丸は280年を迎えたのである。

大丸EV

なんと言ってもヴォーリズの設計によるデザインは惚れ惚れするくらいに美しい。

(でも店内の撮影は禁止で、この後エレベータガールに注意されました)

特に、1階のエレベーターホールや天井は素晴らしい。アールデコの特徴がよく現れている。

大丸天井

daimal2.jpg

設計 : William Merrell Vories ※ウィリアム・メレル・ヴォーリズ/ヴォーリズ建築事務所  竣工は1933年

CIMG5145.JPG

大正14年(1925年)9月、 現在の大丸大阪・心斎橋店の第2期工事が竣工した際、心斎橋筋側中央玄関上部にテラコッタ(陶製)の孔雀が掲げられました。これが大丸と孔雀の繋がりの始めで、大丸ピーコックという名の系列のスーパーもこの孔雀に由来しています。

建物の柱や壁には大理石が使われているが、ところどころにフズリナなどの化石が入っていて、小さな看板で化石の名前が書いてあるのが面白い。

CIMG5138.JPG

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.osakabookmark.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/83

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

 

お薦め

   
              
Coyright(c) 2006 Osakabookmark.jp All Rights Reserved.