« 祇園祭 < HOME > 天神祭! »

天神祭

大阪の祭りと言えば、天神祭。

いよいよ25日は、本宮で、船渡御と奉納花火がある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、天神祭とは、

天神祭(てんじんまつり、てんじんさい)は、全国の天満宮及び、天神社で催される祭り。通常、天神祭と呼ぶと大阪天満宮を中心として大阪市で行われる天神祭のことを指す。以下より大阪天神祭のことについて記述する。 日本三大祭(他は、京都の祇園祭、東京の神田祭)の一つ。期間は7月24日~25日である。特に、25日は、大川(旧淀川)に多くの船が行き交う船渡御(ふなとぎょ)が行われ、夜には花火大会がある。大川に映る篝火や提灯灯り、花火などの華麗な姿より火と水の祭典とも呼ばれている。他に鉾流神事(ほこながししんじ)、陸渡御(りくとぎょ)などの神事が行われる。24日宵宮、25日本宮。

昔は天神祭にあわせて休みになった会社も多いと聞く。

大川周辺は沢山の人で混雑し、身動きがとれなくなる。大阪では毎年TVで生中継され、その方が綺麗に見えるため、TV中継を楽しみにしている人も多い。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.osakabookmark.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/63

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

 

お薦め

   
              
Coyright(c) 2006 Osakabookmark.jp All Rights Reserved.